フレスコ画の下地作り①

北海道産フレスコ画漆喰を、どのようにしてフレスコ画にしているか。

フレスコ画は、壁に描かれているのが通常だが。

漆喰が乾くまでに、顔料だけで描く。。。。

このフレスコ画の技法をパネル式に置き換えて、

パネルにフレスコ画を描いている。

dsc01753

こんな感じで、パネルに麻を貼り、

そこに1段回目の層の漆喰。

これは、下地なので、

漆喰に砂をいれて混ぜたものを、麻に埋め込んでいく。

一番下の土台には、珪砂という砂を混ぜている。

砂を混ぜると固まりやすくなる。

麻を貼っているのは、漆喰が引っかかるため。

引っかかるものがないと、

漆喰は固まっても、ボロボロと画面から零れ落ちてしまう。

それは、

定着材が入っていない、自然のものだからだ。

 

 

 

 

 

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中